menu
Japanese/English
JP/EN
store
閉じる


† May 29th, 2018

Styling women.014 夏のデニムスタイル

christianwijnantshenrikvibskovkristensendunordmacromauro

トレンドアイテム、デニムを使った、"日差しの下が良く似合うスタイリング"をご提案。
シンプルになりがちな夏には、バッグや軽めの羽織で個性を出していきたいですね。



こんにちは、Palm maison store のSです。
今回は、トレンドアイテムのデニムを使ってスタイリングを組んでみました。


今、お店や雑誌で見かけることの多いデニムアイテム。
デニムアイテムは合わせやすいので、お持ちの方も多いのではないでしょうか?
今回は、シンプルになってしまいがちなこれからの季節に、
羽織アイテムや、バッグを使って爽やかにシンプル過ぎないスタイリングをご提案させて頂きます◎



ベースのアイテムはこちら◎

tops : KristenseN DU NORD
pants : christian wijnants
shose : PORSELLI

白のカットソーにデニムと、夏の定番のスタイルをベースに
シルバーのシューズで綺麗なスタイリングです☆

これだけでも勿論綺麗で、良いのですが、今回はアクセントになるアイテムを
少しプラスしていきます!


shirts : HENRIK VIBSKOV


鮮やかな青のシャツをプラス◎
袖がフタツついているので、
涼しい時期には長袖に、これからの季節には
半袖に通して、袖を前でくるっと結ぶのが可愛いです。



うっすらとドットの刺繍がのぞき、可愛らしい一枚です。
今回のように、少し長めの丈のインナーで
袖からのぞかせてあげるのも
メリハリが出来て重すぎず綺麗に着て頂けます◎


暑くなるこれからの季節には、
強弱をつけるのも勿論◎ですが、ゆるゆるに着て頂いても
涼し気でおすすめです。

ゆるすぎると感じる方には、パンツのをジャストサイズから、少し短めの丈に
変えてあげるのがオススメです◎
靴下をのぞかせてあげると、足元がすっきりするので違和感なく着て頂けます。



bag : macromauro


バッグアイテムはマクロマウロをプラス。
ショルダーバッグにも出来るので、様々な用途に適用できるのが良いです◎

ペイントシリーズは、様々な質感のペイントがミックスされていて、
柄の出方が一点一点違うので、自分だけのお気に入りを探して頂けます☆

クリアな素材が夏らしく、ペイントも水風船の様で
夏にピッタリのアイテムです☆



いかがでしょうか?

シャツアイテムは、柄の入ったものでなく
お持ちのオーバーサイズのカラーシャツでもおすすめです。
細めのベルトでシャツの上からウエストを絞ってきてあげるのも◎

夏には、柄モノやカラーアイテムで個性を出して
お洒落を楽しんでいきませんか?

自分のお気に入りアイテムでまねして頂けたら嬉しいです。
それではまた☆


« Newer       |       Older »


Palm maison store 芦屋店
Open / 13:00 ~ Close / 19:00
水曜定休

online storeの中からご覧になりたい商品がお決まりの場合
事前にご連絡頂きましたら、店頭にてご用意させて頂きます。
どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

TEL: 0797-26-6491
E-MAIL: info@palm-jpn.com


〒659-0028
兵庫県芦屋市打出小槌町14-10 サンパレス門2F


【交通機関ご利用の場合】

阪神本線「打出」駅 徒歩約1分
JR神戸線「芦屋」駅 徒歩10分


【車でお越しの場合】

大阪方面から
阪神高速神戸3号線「芦屋」出口を出て、
直ぐの「打出」の交差点を右折、
踏み切りを渡り、直ぐの交差点を左折。
1つ目の交差点を右折、左手すぐにお店があります。


神戸方面から
阪神高速神戸3号線「深江」出口を出て、
43号線を大阪方面へ、直ぐの「打出」の交差点を左折、
踏み切りを渡り、直ぐの交差点を左折。
1つ目の交差点を右折、左手すぐにお店があります。


※駐車場は今のところ完備しておりません。
セブンイレブンの斜め向かいにコインパーキングがございます。


Palm maison
online store 限定
ROYAL SERVICE




Palm maison 最新号vol.019 絶賛発売中◎

online storehttp://www.store.palm-jpn.comashiya store#2 14-10 Uchidekozuchicho
Ashiya-shi Hyogo JAPAN
GUSTAVE HIGUCHIYUKO

Japanese/English
ページの先頭へ戻る